発症率の高いがんは大腸がん|転移を防ぐ最新医療のスペシャル効果

がんは再発する

悩み

自分ががん告知をされたら、もちろん動揺し、慌てふためくのは仕方ないことだと思います。まずは適切な治療を考えるとともに、転移・再発した時のことも含めた先を見越すことも必要なことだと思います。

詳細を確認する...

がんの転移

smile

大腸がんの根本的治療法は手術です。リンパ行性転移では、病変部と周囲のリンパ節を切除するという手術が行われます。血行性転移では、可能なら、転移した先の肝臓や肺の病変部を切除します。しかし、播種では、手術は難しくなります。

詳細を確認する...

早期発見が大事

看護師

大腸がんは比較的治療がしやすい病とされています。初期の大腸がんであれば、内視鏡手術などを行うことで簡単に切除することができるのです。粘膜にできるがんであるため、他のがんにくらべ転移による問題が起こりにくいため、適切な治療により多くの患者さんを快方へ向かわせることができるでしょう。しかし、ステージが進んだ状態の大腸がんとなると、大腸の壁にまでがん細胞が侵食してしまうこととなるので、リンパ管や血管を通してがん細胞が全身へと広がってしまうので、問題となります。そのため大腸がんの治療ではどれだけ早くがんの存在を発覚できるかが重要なポイントとなるでしょう。大腸がんの発覚は自分の便の状態から調べることができます。便の中に血液が含まれている人や、便が最近細くなっている人、下痢や便秘を繰り返すなど多くの初期症状を確認することができるのです。触診によって判別することもできるので、肌の上から腹部になにかしこりのようなものが見られた場合、大腸がんである可能性があるので注意が必要になります。

大腸がんを治療する場合、外科療法と放射線療法、薬物療法の三つの方法が取られます。外科療法では、内視鏡手術などで直接がん細胞を切除することができます。一度の手術で高い治療効果が得られるので、多くの病院でこの方法が用いられています。また、転移を防ぐためにリンパ行性転移ではリンパ節の切除を行う方法も利用されるのです。放射線療法では、強い放射線を患部に照射することで、開腹手術を行わずともがん細胞を死滅させることができます。開腹手術に耐えられそうにない高齢者や子供などに、この手術方法が適用されるのです。薬物療法では抗がん剤の投与によって治療を行います。放射線治療と同じように、外科療法による体の負担を避けることができるほか、費用も安く済ませることができるメリットがあるのです。比較的初期の大腸がんであれば、治療費削減のために薬物療法が取られる場合もあるので、予算や効果などから冷静にどのような治療法を行うべきか、医師と詳しく話しましょう。

転移したがんの治療

doctor

転移した大腸がんに対する治療は、手術ですべて切除するのが効果的です。しかし、切除できない場合は、抗がん剤や放射線治療を受ける必要があります。昔より抗がん剤やその投与方法、手術以外の治療法も進歩しています。

詳細を確認する...