発症率の高いがんは大腸がん|転移を防ぐ最新医療のスペシャル効果

転移したがんの治療

手術を受ける方法を考える

doctor

転移した大腸がんは、手術による治療が可能であれば、治癒が望めますが、手術以外の治療法では治癒は難しいのです。手術を受けられるかどうかは、転移の箇所などによって判断されます。転移したがんがどこに何か所あるか、手術ですべて切除できるかが重要です。大腸がんでは、たとえ複数の箇所に転移していても、手術で取り除くことが可能なら、延命の効果があるので、第一に手術の可能性を検討する必要があります。大腸がんは、肝臓や肺に転移しやすい性質があります。そのため、がん細胞が住み着いている箇所だけでなく、胸部や腹部周辺の臓器も定期的にチェックを行いましょう。転移し始めたがん細胞であれば力も弱いため、早く見つけるほど治療がしやすくなります。

注意するべき点を考える

転移した大腸がんの手術において気をつけるべき点は、患者の体力が手術に耐えられるかどうかということです。手術が最も効果的ではありますが、その体力がなければ、抗がん剤や放射線治療が選択されます。昔より、効果のある抗がん剤が開発されていますので、決して悲観する必要はありません。多少の副作用があるものの、がん細胞の活動低下に大きく作用してくれるため、体力の低い方でも安心して治療する事が出来ます。抗がん剤の投与の方法も、従来は内服薬や点滴でしたが、新しい方法も開発されています。肝臓に転移したがんの病巣に、肝動脈から直接抗がん剤を投与する方法です。この方法では、従来より副作用が抑えられ、高い効果が得られます。手術で切除しきれない小さながんに対して、電磁波で凝固させる熱凝固療法という治療法も受けられます。